2005年1月アーカイブ

 Eメールに添付されたファイルを開ける事で感染する「W32.Bagle系」のメールだが、危険度が中に上がった。主な感染特徴としては、差出人を偽装して大量のメール送信と、セキュリティ関連の動作を止めてしまうということだ。情報と共に駆除ツールも各ベンダより提供されている。
(ウイルスソフトのLiveUpdate関係を停止してしまうので、感染した場合は駆除ツールをダウンロードしないと対応できない・・・。)

○シマンテック情報
http://www.symantec.com/region/jp/avcenter/venc/data/jp-w32.beagle.ba@mm.html

 いよいよソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」が月額315円の有料サービス「mixiプレミアム」を追加した。サーバ負荷の高い機能を有料で提供し、収益源の多角化と安定運用につなげる。日記容量は3月1日から100Mバイトまでに制限。プレミアムユーザーなら200Mバイトまで利用可能になる。ちなみに現在、日記容量を100Mバイト以上利用しているユーザーが10人弱いるらしい。日記だけで100Mバイト書くのも大変だろうが・・・。
 確かに最近mixiのサーバーは非常に重かった・・・。さすがにアマゾンとイープラスのアフィリエイトと広告収入だけで維持するのは厳しくなったか。それにしても下のリンクはユーザー数とPVの変化ですが、気持ちいいくらい右上がりですね。指数関数的に増えてます。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0501/27/news056.html#l_yu_mixi_04.jpg
参考リンク:mixiとは

 オークランド大のWebサイトに掲載された学生のレポートが、ある企業名をGoogleで検索すると表示されていたことから、名誉毀損訴訟に発展したらしい。いつかこのようなことが起きるのではないかと危惧していたがやはり起きてしまった。日本でも対岸の火事では済まされないだろう。あらためてサイト内でのモラルや著作権が問われていきそうだ。そしていざとなったとき、情報判断力のないgoogleの怖さを感じた。緊急時のキャッシュの削除等の対応がどの程度google側で迅速におこなわれるのか心配である。

参考リンク:Google検索おそるべし――Webでの小論文公開が名誉毀損裁判に

 Six Apartは既に出荷・配布済みのMovable Type全バージョンにおいて、スパムメールの幇助をしている可能性がある脆弱性を発見し、その対応方法と対処済みのマイナーバージョンアップ版であるバージョン3.122-jaの提供を開始しました。当サイトもこれに伴い3.122-jaへアップグレードいたしました。
それにしてもスパムメールの送信を幇助してしまう脆弱性って・・・。

参考リンク:Movable Type 3.122の提供を開始

 日曜日、問合せのメールが来る。パソコンが立ち上がらず困っているとのこと。大学卒業のための制作ファイルがそのパソコンに入っているので何とかデータだけは救ってほしいということだった。思えば10年前不安定なwindows3.1のワードで卒業研究を徹夜続きで奮闘していた頃の自分と少しダブった。早速、パソコンをお引取りし、調査する。どうやらシステムファイルが破損しているようだ。データを復旧するために残された方法はハードディスクを取り出してのデーター抽出しかなかった。祈るような気持ちでハードディスクを取り出し、中を確認する。「よしっ!」ちゃんとファイルの中身を確認できた。内容を抽出し本日納品に行く。お客様に心底喜んでいただき、私もほっとした。そして、サポーター冥利に尽きると思った瞬間だった。

 あるデータによると2004年12月現在で「何万種というウイルスの数が報告されているが、実際に活動しているウイルスは2000種程度しかない。」ということである。そして2002年のウイルス定義で2004年2月時点で活発に活動している73種のウイルスについてウイルスをスキャンしたことろ検出率は0%だったというデータもある。つまり最近のウイルス対策として重要なのは、すばやくウイルス定義を更新し防御する必要があるということである。当然といえば当然のことだが、やはり使う人自身のウイルス対策への自覚が非常に重要だということであろう。ウイルス対策ベンダがいう『100%検出可能』『これでウイルス対策は万全』といった宣伝をうのみにしてはならない。「このパソコンにはウイルスソフトが入ってるので万全です。」と自信満々にユーザーさんは言うが、ウイルスソフトが「実際には動いていない」場合も多い。特に買いたてのPCの場合には。(初期の段階でセットアップが必要なものがほとんどであるが、未確認の場合が多い。)不安な方は一度、ご確認してみてはいかがでしょうか。

参考リンク:http://www.atmarkit.co.jp/news/200501/21/virus.html

 ロジテックより14種類のメディアに対応したカードリーダが発売される。メモリースティック、SDメモリーカード、xD-Picture Card/スマートメディア、Type2 PCカードスロットの4スロットを用意。別途「CF+TypeII用PCカードアダプタ」が付属し、Type2 CFカード(CF/CF Type2 HDカード/Microdrive)にも対応するため、合計14種類のメディアが利用可能。
 メモリースティックDuo/メモリースティックPRO Duo、miniSD、xD-Picture Cardはアダプタなしでの使用が可能。また、4つのスロットは同時利用できる。xDもアダプターなしで便利!と思いきや、そもそも14種類も何であるの?

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0121/logitec2.htm

 ご存知の方も多いと思うが、最近件名の凝った迷惑メールが激増している。「ありがとう」「新年会の件」等、普通のメールとの区別がつきにくくなっている。私の場合、こういった類のものは特定のアドレスにしか来ないので問題はないが、悩まされてる人は多いのではないか。経産省が迷惑メールの収集と認定業務を始めるようだが果たして効果はあるのだろうか。正直、疑問である。

参考リンク:http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/01/21/6154.html

 今日は機器保守業者のところへ役所への申請書類を専用ソフトで作るためのサポートへ行った。役所が用意した専用ソフトで一つ一つ順調に項目の入力が進んでいく。最後に申請書の印刷と提出用のFDを作成して無事終了。この手の申請もIT化でスムーズになったなと思いきや提出書類の一部がないことに気付く。pdfか何かでダウンロードでもするのかなと役所に電話してみると、な、なんと手書きなので取りに来てくれと・・・。もしくは自分でワープロで作れと・・・。ここまでソフトでできるのになんと中途半端な。これなら全部手書きのほうがいいくらいだ。他でもこのような経験をしたことがある。日本はまだまだIT発展途上国なのだろうか?

「256KのAIR-EDGE[PRO]、つなぎ放題で1万2915円」
DDIポケットの8Xパケット対応端末が2月18日に発売される。256kbpsをうたうサービスの月額料金は1万2915円。

・・・256Kで月額1万2915円は高すぎる・・・。ISDNよりは速いけど・・・。

参考リンク
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0501/18/news019.html

 今日、スカイプで会議通話(三者通話)をおこなう。3人なのでかなり違和感はあったが音質等に問題はなかった。ファイルの送受信も可能なので、ツールとして十分使える。コスト削減のためにIP電話を導入する企業も増え、2005年中には3社に1社がIP電話を利用するというデータも出てきているが、SOHOレベルでのコスト削減にはスカイプも効果があるかもしれない。

参考リンク:スカイプとは

今さらという気がしますが、1月11日にMicrosoftより「悪質なウイルス駆除ツール」がリリースされました。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=ad724ae0-e72d-4f54-9ab3-75b8eb148356&DisplayLang=ja

以下のウイルスに対応、WindowsUpdateからも導入可能です。
Win32/Berbew
Win32/Doomjuice
Win32/Gaobot
Win32/Msblast
Win32/Mydoom
Win32/Nachi
Win32/Sasser
Win32/Zindos

※チェックするだけに利用できるオンラインバージョンも公開されています。

http://www.microsoft.com/security/malwareremove/default.mspx

上記ページを表示し、「Check My PC for Infection」のボタンをクリックするだけです。(約30秒で完了)
対応OS:Windows2000,Windows Server2003,Windws XP
(注)Windows 98,Windows Meは未対応です。

スカイプ

 みなさんはスカイプを知ってますか?最初、すすめられたときは、またこの手のメッセンジャーツールかと正直うんざりしたのだが、一度試してみての感想は「結構使える。」いろいろ良い点はあるのだが特に他の今までのこの手のツールに比べ暗号化もされており、また音質も良好で問題ない。もちろんネット接続料以外に通信料はかからない。身内同士の会話や、仕事仲間同士であれば十分使えると思われる。またlivedoorが出したハンドセット「サイバーフォンK」なるものも出ていてこれがあれば着信時にあわててヘッドセットをつける必要もない。ただこれを買うのはさすがに時期尚早かなとも思った。

参考リンク:スカイプとは

 出たようですが、性能はどんなもんなんでしょうかね。スパイウェアの定義はどこまでがスパイウェアかという判断でかなり変わってきますのでこのアンチスパイウェアがどういう判断をしているのは楽しみです。今後じっくり、テストしていきます。
引用:http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/01/08/0229230

参考リンク:スパイウェア

 本日9日、32歳の誕生日を迎えた。昔は誕生日は嬉しかったものだが年々その嬉しさが少なくなってきているし、年々1年間が早くなっている。1年後が楽しみでもあり、不安でもある。ただ一つ言えることは時間は待ってくれないということである。1日1日を大事にすごしたい。

 お客さんのところに事務所移転のためのネットワーク状況の確認に行く。いろいろと調査してみると裏からいろんなネットワーク機器が出てきた。使用していない無線アクセスポイントやISDNルーター・hubなど。ここ数年、高速な通信回線が急激に普及したがそれに伴い多くのネットワーク機器が使用できなくなった。または使用できても回線の性能を妨げるようになってしまった。どうしても通信回線の速度だけに目がいきがちだがネットワーク機器のチェックを定期的に意識してやってみる必要もあるかもしれない。

050101.jpg
 あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。毎年恒例の豊中不動尊へ初詣に行く。1年間どれだけ成長できるか今日からスタートである。10年、5年、1年というスパンを見つめながら1日1日を大事に目標を持ってすごしていきたい。

このアーカイブについて

このページには、2005年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年12月です。

次のアーカイブは2005年2月です。

最近のコンテンツは大阪見聞録 ホームページ制作日記で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ホームページ制作



コンテンツ

携帯サイト

Powered by Movable Type 4.27-ja