関西街探訪記の最近のブログ記事

090921.jpg ちょっと野暮用で新大阪の「センイシティー」へ行った。北大阪在住の方ならおそらくご存知の淀川区にある繊維卸問屋街である。いつのまにか愛称が「ゆめっせ」になってたみたいだ。ところでここに来ると懐かしい思いがする。それは、わかる人にはわかるキングオーナーのせいだ。今もまだ存在しているようだが、この時代に需要はあるのだろうか。
参考リンク:新大阪センイシティー

090110_03.jpg 大阪府豊中市服部にある神社。少彦名命と菅原道真を主祭神として祀る。足の神様として有名なため、サッカー選手・陸上競技選手などスポーツ選手の参詣が多い。

参考リンク:服部天神宮

081229.jpg 081229_2.jpg
 大阪市北区に位置するJR大阪駅を中心とした街。大阪を代表する街のひとつである。 JRだけでなく、阪急、阪神、地下鉄が乗り入れ、ホテル、百貨店、事務所ビルなどが集まる。また飲食店などが集まる歓楽街でもある。 ちなみに大阪市南部に位置する難波付近を「ミナミ」と呼ぶのに対し、市内北部に位置する梅田周辺を「キタ」と呼ぶ。 江戸時代以前はこのあたり一帯は低湿地帯で、泥土を埋め立てたことから「埋田」と呼ばれ、後に字面が悪いので梅の字を埋田に当てて「梅田」となったと言われている。
写真左上:茶屋町付近からHEP・阪急梅田・JR梅田方面を望む
写真右上:同写真の夜景

060109_4.jpg 大阪市西区にあるドーム球場。オリックス・バファローズが本拠地として使用している。 ネーミングライツにより、2008年12月現在呼称を京セラドーム大阪としている。
写真:大阪ドーム内部(マスターズリーグ観戦時)

081126_01.jpg 081126_03.jpg
 阪急千里線・北千里駅の近く、吹田市の藤白台付近にあるとある通り。吹田市によって「三色彩道」と名付けられている。秋になれば、その名の通り緑と黄と赤の鮮やかな色彩のコントラストが見られ、非常に綺麗である。このあたり学校も多く、閑静な住宅街で雰囲気のある通りである。
写真上・下:11月の三色が見頃の三色彩道

081126_02.jpg

081021_01.jpg 081021_02.jpg
 大阪市城東区にある、京阪の駅もある町。駅周辺はマンションや住宅が立ち並び、都会でありながら住宅街でもある多面性のある町でもある。昔は「野」と「江」の名の通り湿地帯で、淀川の氾濫などで水害が度々発生していたらしい。そのため水の神様をまつった野江水神社が有名である。
写真左:野江駅方面を望む
写真右:京橋方面を望む

08060701.jpg 08060702.jpg
 宝塚ファミリーランドといえば、懐かしいという方も多いだろう。私もその一人で子供の頃はよく遊びに行ったものだった。宝塚ファミリーランドと言えば関西屈指の遊園地で、阪急沿線では象徴的なスポットだった。その跡地にできたのが「宝塚ガーデンフィールズ」である。都会からすぐの場所にありながら森林浴を楽しめる、まさに庭である。ドッグランや犬とふれあえるスペースもあり、疲れた心を癒すことができる。

参考リンク:宝塚ガーデンフィールズ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち関西街探訪記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは私的日記です。

次のカテゴリは食べある記です。

最近のコンテンツは大阪見聞録 ホームページ制作日記で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ホームページ制作



コンテンツ

携帯サイト

Powered by Movable Type 4.27-ja